さざ波のような日々

ミニマムに変化し、ゆるく生きる散歩人

【愛知県刈谷市】家族で一日楽しめる!「刈谷わんさか祭り花火大会」の見どころやスケジュールを解説【刈谷市総合運動公園】

 

こんばんは、おりんです。
8/18(土)、初の「刈谷わんさか祭り」に行って来ました。


刈谷で行われる大規模なお祭りで、花火大会もかなり人気だと聞いていたので、行く前からかなりの期待値。
行ってみた感想は、ボリューム満点で大満足でした!

そこで今回は「刈谷わんさか祭り」、そして花火大会の様子や見どころについて解説します。




刈谷わんさか祭り 花火大会

f:id:ooorinnposu:20180825232645j:plain
「刈谷わんさか祭り」は、刈谷市総合運動公園で、例年8月第3金、土に行われる大きなイベント。

2018
年は81718日でした。
かなり大規模で例年15万人も訪れているようですね。

刈谷市の市制40周年記念で開催されたのがはじまり。
花火大会も有名ですが、200以上の屋台や、家族連れが楽しめるイベントもあり充実しています。

 

 

 

刈谷わんさか祭りのスケジュール

1日目

1日目の露店営業は金曜日の17時から21時。

また前夜祭として、わくわく広場にて市民盆おどり大会を開催。
18:45
19:30 の盆ダンスタイムでは「HOME MADE家族」のミクロマンサンライズ!!!が登場します。



2日目

2日目の露店営業は土曜日の11時から21時。

昼間はステージショーや体験型アトラクションなど、子どもから大人まで楽しめる催し物が盛りだくさん。
2018年は「どぶろっく」のお笑いライブや、ポケモンステージショーが行われました。


フィナーレは19時から20:15まで行われる打ち上げ花火。
音楽に合わせて打ち上げられるスターライトシンフォニーが目玉です。
花火は非公開と書かれていましたが、7000発だそう。


ちなみに花火の場所取りは、17日の朝6時から。
打ち上げ場所である逢妻川の河川敷が、場所取りエリアになります。
地元じゃないと無理ですね笑



アクセス

電車

アクセスは名鉄「富士松駅」「一ツ木駅」から徒歩20分。
18
日のみ刈谷駅、知立駅からはシャトルバスも出ています。

今回は一ツ木駅から。
駅から西に進むと見える環状線に沿って北に進めば、目印となる大きなナイターライトが見えました。

当日は電車からのお客さんも多いので、着いていけば間違えることはないと思います。


駐車場

駐車場はありません。
また公園周辺は早くて9時から、公園南側は13時から21時まで、交通規制があります。

ですが、刈谷駅周辺には無料の駐車場がいくつかあります。
場所は刈谷市役所、刈谷市民交流センター、周辺の公園などの公営施設。
またデンソー、トヨタ車体本社なども駐車場を解放します。

これらの無料駐車場に停めて、シャトルバスに乗って会場まで行くのがオススメです。


バス

f:id:ooorinnposu:20180825232513j:plain
シャトルバス乗り場。
上記で説明したバスがここに来ます。


 

イベントの様子

今回は2日目、夕方からの参戦。
なので屋台と花火がメインです。


 

f:id:ooorinnposu:20180825232504j:plain
まずはマップ。
会場である運動公園はグラウンドなどを使い、たくさんのエリアに分かれています。



f:id:ooorinnposu:20180825232609j:plain
屋台も前情報通り、かなり多いです。
正面入り口からまっすぐあって、グラウンドを囲むように一周しています。

16時ごろは余裕を持って歩けましたが、18時ごろからかなり混雑します。

 

 

f:id:ooorinnposu:20180825232623j:plain
芝生の「わくわく広場」です。
中には周辺自治体のブースがあります。
屋台に比べると少し安くて、ローカルで個性的な品揃えでした。

また、レジャーシートを敷いてここから花火を見ました。
後ほど花火については紹介します。



f:id:ooorinnposu:20180825232509j:plain
わくわく広場の中央にはステージ。
ここでステージイベントをするんですね。



f:id:ooorinnposu:20180825232654j:plain
この他にも、もう一つ正面入り口付近にステージがありました。

そちらのステージでは、地元有志でしょうか。
コピーバンドですが、星野源なんかも演奏してました。

また正面入口付近のステージ前には、休憩用のテントブースまで。
ゆったり座って食べられるので良かったです。



f:id:ooorinnposu:20180825232641j:plain
この広場が、バス停付近のブーススペースです。
16時までだったので、行ったときにはすでに撤去されてました。



f:id:ooorinnposu:20180825232632j:plain
公園自体にも大きな遊具があります。
ミストがいろんな場所から出てたので、夏でも安心して遊べますね。



f:id:ooorinnposu:20180825232557j:plain
ゴミ捨て場も完備されていて、会場のいたるところにありました。
しかも係員さんが常駐しているので、分別等もしっかりしています。



花火大会の鑑賞スポット

f:id:ooorinnposu:20180825232650j:plain
花火大会は19時から。
今回は公園内、芝生広場から鑑賞しました。

二人ぐらいなら1時間前でも、全然レジャーシートを敷いて見ることができます。
座り心地もいいし、開けてるから花火がよく見れました。



f:id:ooorinnposu:20180825232636j:plain
刈谷の花火は2箇所から打ち上げ。
まずは北、体育館の上から始まります。



f:id:ooorinnposu:20180825232455j:plain
その次に西側、ナイターライトのあたりから打ち上げでした。
これを交互に繰り返していきます。



f:id:ooorinnposu:20180825234639j:plain
北側の花火はミュージックスターマイン。
音楽に合わせて、迫力満点の花火が連発で打ち上げられます。
BLUE ENCOUNTや西城秀樹など、幅広い選曲で広く楽しめました。

ただ河川敷側からしか見えない低い花火があるので、芝生からでは全部見えませんでした。
それを狙ってか北側の河川敷はすでに満杯。

芝生側で見るのもいいですが、遠方からの方は場所取りが難しいため、反対側の川岸で見るのが穴場だそうです。



f:id:ooorinnposu:20180825234643j:plain
音楽はありませんが、西側からも花火が打ち上がります。
ただ会場からは少し距離があるので小さく見えます。

 

 

f:id:ooorinnposu:20180825234627j:plain
最後の最後には北側からの打ち上げでした。
芝生広場からでもすごい大きさで、圧巻のフィナーレ。

河川敷にいた方は、空を一面覆い尽くすほどの花火を見ることができたんでしょうか。
来年は挑戦してみたいです!



まとめ

f:id:ooorinnposu:20180825232450j:plain
刈谷わんさか祭りは、屋台もステージも花火も充実のお祭りでした。
今回は夕方からの参戦でしたが、それでも満足できるイベントです。


また休憩スペースやゴミ捨て場など、利用者への配慮が至る所にあるのもありがたいですね。
老若男女問わず、安心して一日中楽しめるお祭りでした。



「刈谷わんさか祭り花火大会」

  • 場所:刈谷市総合運動公園
  • 住所:刈谷市築地町荒田1
  • 期間:8/17(土)、18(日)
  • 時間:11:0021:00
  • 駐車場:無し