さざ波のような日々

ミニマムに変化し、ゆるく生きる散歩人

もっと「なんとなく」生きていいんじゃないかと思った話

 

こんばんは、おりんです。
最近、ちょっと前に比べて「多様な生き方」みたいなのをよく聞くようになりました。


ただ、それもまだ限られた人のものであるように感じます。
もちろん、各々が実現に向けて努力する必要がありますが、結果が出ていないとキツイですよね。


凡人には厳しい世の中です。
そこで今回は、もっと「なんとなく」生きてもいいんじゃないかと思った話です。

 

 

もっと楽しめばいい

僕は前に「人生はゲーム」だと言いました。
プレイヤーは自分なんだから、もっと楽しんでいいと。 

www.sazanamidays.com


 
実際、人生って本当になんでもしていいんですよね。
(当たり前ですが犯罪以外)



だから人に迷惑をかけない範囲でなら、自分勝手に楽しんでいいと思います。
周りの目とかも気にせずに。



例え話ですが、ゲームって本当にいろんな種類があるじゃないですか。
ポケモンとか牧場物語とか、スマブラにマリオカートも。

で、ソフトによって楽しみ方はそれぞれなんですよね。
最速クリアしたり、レベルあげたり、アイテム収集したりとか。


だから現実でも、もっと自由に楽しめばいいと思います。

 

・「楽しい」に明確な理由はいらない

これは何となく肌感覚ですが、みんな理由を求めすぎなんじゃないかと思います。


趣味とかの話だと、「なんでやるの?」って聞かれることもあります。

でも理由なんて「やりたいから」
それだけなんです。


だから世間体を気にして、趣味を選んだりするのって嫌だなと思います。
自分がプレイヤーなんだから、全部自分で決めていいのに。


理由なんて本当に「なんとなく」でいい。
ルールは「ただ楽しむ。以上!」みたいな。



ただ、それが難しい人もやっぱりいるみたいです。
一時流行った「やりたいことリスト」

www.sazanamidays.com

 


僕の彼女は最初、「やりたいことリスト」が書けませんでした。
「これは書いていいのかな」とか、「こんなことしていいのかな」とか
(スタバの新作が飲みたかったらしい)



本当にやりたいことは、どんな小さなことでも素直にやっていいと思います。
「周りが我慢してるから」とか、「もっとタメになる事をしなきゃ」とか関係ない。

 

 

 

・理由が先行してると面白くない

大学生にありがちなボランティアとか課外活動も、ちょっと違和感あります。
もちろん「やらない善よりやる偽善」とは言いますし、活動自体は素晴らしい事です。


ただ「就活目的」でやる人とかはなんか苦手なんです。


いや、ボランティアは評価されて然るべきだし、大会やコンクールの受賞歴も素晴らしいです。
でもそれは結果がついてきたのであって、「就活」を前提に動くのはなあって。



下手したら趣味でさえ、「就活でウケのいい趣味〇〇選」みたいな感じでまとめられてました。
もはや「趣味とは」ってなりますね。

まあ「就活」というゲームに勝ちたい人の攻略法としては合理的ですが。


結局、他人の目を気にして取り繕っても自分は本当に楽しいのかってことです。
僕はその遊び方はつまんないので絶対にしません。

 

 

・向上心もほどほどに

楽しむ上で向上心は大事ですね。
できることが増えれば楽しみ方も広がります。


ただ、向上するペースもそれぞれでいい気がします。


ガツガツ経験値稼いで成長できる人は、僕は一番いいと思います。
その方が高速で色々できるようになって楽しいですから。



でも、やっぱり人それぞれ「遊び方」が違うんです。
ガッツリやりこむ遊び方が苦手な人もいます。

そういう人は全然ゆったり遊んでいいんですよね。

本来それが認められるべきなんですよ。
その人のプレイスタイルなんですから。

 


僕は後者なので「ガツガツ成長しようぜ!」的なノリは疲れるし、基本ひとりでゆっくりやり込みたい。
経験値が欲しくなったら、「道場」みたいなノリで頑張るけど。


とにかく「自分のペース」ってものが尊重されるべきです。

 

 

まとめ

趣味も働き方も、色々な生き方が認められつつありますね。
(てか、今まで認められてないのがおかしい)


でも、その一方で成功者の「プレイスタイル」を持ち上げすぎな気もします。
王道ルートとはいえ、自分のペースで楽しめなければつまんないですから。


だからもっとマイペースに「人生ゲーム」を楽しめる人が増えたらいいですね。
「なんとなく」、「楽しいから」が通用する世界になることを願います。


まぁもし通用しない人がいたら、その人はストイックなゲーマーだなって思います。
プレイスタイルが違うので一緒に遊ぶことはないでしょうが

 

 

白黒つけてばかりは疲れるという人に伝えたい事。
判断基準はざっくりでいいんです。

www.sazanamidays.com

 

 

ゲームを生きやすくアップデート
ミニマリズムで幸せの閾値を下げる

www.sazanamidays.com