さざ波のような日々

ミニマムに変化し、ゆるく生きる散歩人

人生は自己責任だと思う話

 

 

こんばんは、おりんです。
僕は前々から「人生は自己責任」だと考えるタイプです。

もちろん色んな立場の人がいて、色んな考えもあります。
ですが、基本的に自己責任であると思っています。

なので今回は「なぜそう考えるのか」と、「じゃあどうしていくか」を書きます。



・人生は自己責任


 

今回考えるきっかけとなった、ちきりんさんのツイートとそのレスポンス。
「自分の決断が人生を作る」という当たり前(僕には)の話でした。


冒頭でも話したように色んな考えがありますが、基本的に自己責任だと思っています。

ただ、人生と大きく括ると例外も出てきます。
なので厳密には、20歳超えたら人生は自己責任」論を唱えます。

 

 

 

・なぜ20歳なのか

僕の自己責任の例外は、未成年であることです。


理由は簡単。
親の影響下に置かれているからです。


まず、子どもの時点で親には勝てません。
極端な話、命綱を握られているようなものです。
親子ってそのくらい一方的だと思っています。


そして深刻な親子問題を抱えている場合、この一方的な差が大きな問題となります。
そのような子どもの場合、自分の力ではどうしようもないからです。


基本的に多くの子どもは、家庭と学校が世界のすべてであり、外の世界を知りません。
なので決断するための知識も経験も、その小さな世界で得たものに限られます。


そのような影響を考えて、20歳未満は例外とします。

 

 

20歳を過ぎたら自己責任

じゃあ、20歳を過ぎたら?
ここからは、僕は自己責任だと思っています。

というか極端な話、中学卒業したらその自覚を持ってもいいかもしれませんね。
まあ僕はそんなできた人間じゃないので、最低限20歳でいいかと思ってますが。

なぜなら子どもに比べて知識・経験があり、よほどでない限り自分で決断ができるはずです。


未成年であれば親の保護義務があり、庇護下に置かれます。
(良くも悪くも)


ですが20歳超えたら社会的にはもう大人です。
すなわち、自立可能であると認められたと言うこと。

お酒も飲めるようになり、ウェイウェイしていたいところ。
ですが、この瞬間に全ての決断は自分の責任になります。


かくいう僕も22になり、やっと意識し始めたようなもの。
気づいた時からでも遅くないので、直せるところは直していきましょう。

 

 

・自己責任とは「主体的に生きること」

責任 - Wikipedia

自己責任にはいくつか意味があるみたいですが、この話では「自分の決断の責任は自分で負う」ことを指します。


これは僕は「主体的に生きる」ってことなんじゃないかなと思います。


まず受け身な人は「人のせい」にしがちだと思います。
周囲の意見に流されて動いているから、不都合が生じたときに「自分は悪くない」と思うんじゃないでしょうか。

でもそういう人たちって「〇〇のせい!」って言うけど、「選んだのは自分じゃない?」って思っちゃうわけです。

 

「決断を下す」行為に責任が伴うので、その決断をした時点で「自己責任」なんです。
なのに文句を言う人は、自分で考えて決断をしてないということ。



例えば、このツイート

 

「企業に務めることは懲役40年、そのくらい苦痛だ」と言う意味でしょう。
言いたいこともわかります。

でも、その会社を選んだのは誰でしょうか?
結局、「それ、自分で選んだことじゃん」って思います。

 

 

・「自己責任」で生きるには

自己責任とは「主体的に生きる」ことと同義。
であるなら、自分の思うままに行動するのがベストなんじゃないかと思います。


もちろん自分勝手に生きるわけではありません。
自分で考えて、納得のいく決断をすることです。




先読みする力
や、今見えていない選択肢を見つける力
この力を持っていれば、自分にとってより良い可能性を選択できるという事です。

ならば、そのためにも情報感度は高く生きるのがいいんじゃないでしょうか?

 

・まとめ

20歳過ぎたらもう大人。
すべての行動は自己責任でやったことです。


なので、自分の頭で考えましょう。
人の意見に流されて、決断して、その失敗を人のせいにするのは大人とは言えないですから。
(※個人の意見です)

 


自分で考えて決断するには、自分の「基準」が必要。
まずは自分の価値観について考えるのが第一歩だと思います。


ミニマリズム的考え方で、幸せの閾値を下げると毎日が楽しくなります。

ooorinnposu.hatenablog.com



決断だとか自己責任とか難しいって人はまずこちら。
ゆるくざっくりでいいから、判断基準を持つところから始めてください。
ooorinnposu.hatenablog.com