さざ波のような日々

ミニマムに変化し、ゆるく生きる散歩人

物事には「相性」がある。上手く合わせる方法と、合わない時の対処法について

f:id:ooorinnposu:20170920233608p:image

 

こんばんは、おりんです。
お昼のツイート

 

ありがたいことに、たくさんの反応をいただけました。
そこで昼のツイートを元に、もう一度自分なりにまとめ直してみます。

 

 

・「相性」は必ず存在する

まず、物事には相性があります。

 

 

合うものは合う、合わないものは合わない
これは絶対です! 言いきれます!


家族、恋人、友人、上司などの人間
だけでなく環境や体調など、この世の万物に「相性」があります。


嫌いなものは好きになれませんし、ダメなものはダメ!

どれだけ頑張っても納豆は食べれませんし、いくら猫好きでも猫アレルギーでは猫に触れません。
これも全て相性!(悲しいなあ)

 

 

・合わせる方法

さて、どうせなら「相性」を合わせたいところ
その方法は一つ。

 

「自分を知ること」

自分は何が好きで、何が嫌いなのか。
どんな時幸せを感じ、どんな環境が生きやすいのか。
何が必要で、いらないものはどれか。


1個でも多く「自分」を把握することが必要です。
把握しておけば相性の合わないものをふるいにかけ、合うものを厳選できます!
(ミニマリズム思考!!)

 

 

・合わない時の対処法

まず距離を置く

合わないものは合わない、嫌いなものは嫌い
これは変えられません。

克服は努力次第ですが、無理なら封印してしまえばいいと思います!


なので僕は合わない人とは極力距離を置きます。

挨拶や業務連絡はしますし返事もしますが、自分から話しかけることはありません。
合わないだけで、嫌いではないので対応はできます。

本当に嫌いでそれすらできない人には、姿を見るだけで全力で避けてましたし。


モノに関しては、先に周囲にムリと伝えておくことで出会う確率を下げられます。


僕は炭酸嫌いを公言したおかげで、チューハイやビールを回避できています!(アルハラ回避!!)

 

 

もし選んで合わなければ?

なるべく早く切っちゃいましょう!
我慢は心身に毒だと思ってるので、僕は最悪逃げてもいいと考えています。

人付き合いや職場など自分以外の要素が絡むものでしたら、揉めない策を考えるのが理想ではあります。
けれど危害を加えられるようなら、即逃げてください。


また、そこまでではないけど嫌だと感じているなら、無理に付き合う必要はなし!
無策で飛び出すのはちょっと無謀な気もしますが、ある程度距離を見直してみるのは作戦としてはアリです!


というかライフステージで周囲の人間関係は変わるので、節目を待つか生活環境を変えて流しましょう!
(できれば、流動性の高いゆるいつながりの構築が必要)



モノも一緒です。

「もったいない」は不要!

貰ったから、高く買ったから
こんな理由で残しても意味はありません。


その精神力がもったいないです。
今は捨てるのではなく、譲るのも売るのもハードルが低いです。
メルカリやヤフオクなんかで手放しちゃいましょう!

 
 

・まとめ

「相性」と合わせ方、合わない時の対処法を知れば、ミスマッチを防げます。
(100%ではありません)

 

なにごともミスマッチに悩む方は多いと思います。
今のつながりも環境も、全てが自分の責任ではありません。

 

でも自分で選択したことには、自分に責任があります。
ベストマッチを選択できるように、自分を知って「相性」を見極めてください。


選択に悩む方は、判断基準をざっくりさせてみるとラクになります。 

ooorinnposu.hatenablog.com

 



また人付き合いで悩んでいる方は、一度付き合い方を見直してみるのがいいと思います。 

ooorinnposu.hatenablog.com