さざ波のような日々

ミニマムに変化し、ゆるく生きる散歩人

地味な趣味? 読書のイメージをガラリと変える楽しみ方。

f:id:ooorinnposu:20170810211324p:image

こんばんは、おりんです。

 

突然ですが皆さん、読書してますか?

 

読書感想文やレポートくらいでしか読まない人も多いと思います。
社会人の方だと読む暇もないのかも知れません。


文科省の調査によれば、日本人の年間平均読書数は12、3冊とのこと。
つまり月平均1冊...

またマイナビによる社会人の読書量調査では、月平均2.58冊だそう。
割と多そう…?


と思いきや、残念ながら月に一冊も読まない人の割合は36.1%にも上るんです。

gakumado.mynavi.jp

 

漫画や雑誌を読む人は多いイメージですが、活字はやっぱりそこまでですね。
読んでも小説とかでしょうか。

確かに読書のイメージって、静かで落ち着いてて、暗くて地味?(そこまで言ってない笑)


いやいや、全然違います!!!

 
読書とは人生のトレーニングなのです!!



・読書の「静的」なイメージ

読書とは、読んで字のごとく「書を読む」

じっくり時間をかけて活字に触れるオトナのたしなみ?
教室の隅っこで誰とも喋らず黙々とするもの?

色んなイメージがありますが、一般的には静かなものというイメージが強いでしょう。


本の種類も様々で、小説、エッセイ、ビジネス書、ハウツー本、雑誌に漫画も?笑

特に自己啓発モノなんかは、読んでるだけで「すごい」「頭良さそう」なんて言われることも。
この「読んでるだけで知的」になるイメージも「静的」っぽい!笑



でも、全然すごくないですからね!!!


だって読むだけなら誰でもできるじゃないですか?

読んで終わり?
そんなのもったいないです。

読書の楽しみは、知識に触れることだけではありません。
それだけでは半分も楽しめていないです!
(※個人の意見です)


・本は知的欲求を満たすツール

では、なぜ本を読むのか?
それは本を読むことで、知的欲求が刺激されるからです!

 

TV、映画だって、番組の後は試したくなったりしません?
レジャー情報出てたら遊びに行きたいってなりませんか。

メディアが違うだけで、知的欲求の満たし方は日常に溢れています!

読書もそのうちの一つに過ぎないのです。
文字が読めれば誰でも始められます。
ハードルは高くありません。

 

 

・読書とは「動的」なもの

真の読書家は読むだけに留まりません。
読書後にトレーニングを行います!
(真の読書家とか知らないですが笑)


先ほども触れましたが、知的欲求が満たされると行動に移したくなります。
そこで読書で得た知識を、実践に移していきます!


実践といっても難しい事はありません。
まずは書いてあるとおり行動に移すだけです!

あとは試してみて合わない部分を自分に置き換えて変更していく。
これこそが読書のポイントです!


自分にとって必要と思える情報のインプットが読書、
試してみる(アウトプットする)ことが実践です。

この2つがセットになると、大きな効果が得られます!


たとえば、レシピ本を読むだけで料理を作らないってあまり意味ないですよね。
やったことのないゲームの攻略本を買って読んだりもしませんよね

読書とは、読後に実践トレーニングを伴って初めて効果が現れる「動的」なものなのです!!



インプットとアウトプットのセットは、全ての行動に通じます。
毎日を楽しくする「人生最適化」もインプットとアウトプットが大事!

ooorinnposu.hatenablog.com



・まとめ

TVやSNSと違い、読書は能動的なインプットになります。
また知識の専門性、濃さは他メディアより圧倒的!


本を読んで実践することは、生活をより豊かにできます!
皆さんもぜひ読書をして、さらなるレベルアップをしてみてはいかがでしょうか。


僕の読書と実践はこちらです。
ぜひ参考にしてください!

ooorinnposu.hatenablog.com


ooorinnposu.hatenablog.com